未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

成功哲学その11 集中力

これはみんな知ってる。
でも再確認。
俺はテニスのサーブの瞬間と、相手の顔面を狙うときに最高に発揮するよ。




では、



時は有限。
こんな言葉は受験時期に腐るほどに聞いた。
集中力は掛け算。
これも同じ。



しかし、有限な時間を最高に効率よく使う方法は、集中することだ。
時間の密度を高める事は成功へつながる。



また、あなたの夢は、夢であるわけだから、あれもこれもとできることではないだろう。自分の夢や夢を実現するために行うことを少数に絞ることも必要だろう。これも集中である。


簡単にできないことを、あれやこれもできる場合は少ない。
集中しエネルギーを集めて行動すべきだ。



願望に心、エネルギーを集中させて、自分が一番望んでいることを手に入れることだ。

あなたが望むのは、今の低俗な快楽か?将来の夢なのか?



スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

成功哲学その10 的確な思考の力

さっそくいきます。



では、




的確な思考は何に基づいているのか?
それは、現状の把握である。

前々から書いているように、目標を達成するには以下のステップを必要とする。

目標を明確化する
アプローチ方法を探す
実行する

このうち、アプローチ方法は現状によって様々である。
現状の認識が間違ってる・甘い場合、その認識から導き出す見通しやアプローチはうまくいかない。
そのためには、現状を正しく、的確に把握することが必須だ。


また、何が正しい情報で、何が間違っている情報か?何が有益で、何が不利益な情報か?誰が有益な人でそうでない人は誰なのか?

これらを見極める力も必要である。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

成功哲学その9 自己訓練

ごぶさた。
今回のはマジ難しいよな。運用が。



では、




自分の思考は前向きで建設的な方向を向いているべきだ。
後ろ向きな考え方や、逃げ道を作るために頭を使ってはいけない。
これは成功しない人に共通する特徴のひとつである。

成功しない人に共通する特徴を排除する。それだけでも成功につながるのだ。極論を言えば、この世には成功している人とそうでない人しかいないのだから。。。

ネガティブからポジティブへ、根本的に思考形態を変える必要がある。
必要以上にリスクを恐れず、無意味に後ろを振り向かない。周りの環境や意見、世間体に流されない。自分の考えや目標に向かって積極的に取り組む人に成功は訪れる。



自分の思考のコントロールや変更は以外に大変なものだ。
体に染み付いているからだ。

それを変える、維持するには、訓練が必要だ。
絶えず自分自身をチェックすることだ。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

成功哲学その8 エンスージアム

火曜分。二回目の更新です。



では、


エンスージアム=熱意です。
前回のPMA同様、積極的な行動の源は熱意です。

「できる」と思うからやれる。

また、

「できる」と思っている人には魅力がある。


結果、その人の周りには優秀な人=マスターマインドが集まり、成功へ近づくことになります。




あなた(俺)には熱意はありますか?
 more link:[成功哲学その8 エンスージアム]の続きを読む

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

成功哲学その6 パースナル・イニシアティブ

実はこれ昨日書いていたw
これで金曜の朝はゆっくりできるww



では、



最初に「パースナル・イニシアティブ」とはなんぞや?
「パーソナル~」じゃないのか?と思ったのは俺だけじゃないはず。

情報系の基本。ぐぐる。(ぐーぐるさんは使ってほしくないらしいけど、いまさら無理だよなぁw)






みつからん。まぁ自主性のことだそうです。
引用すれば、
「やってみよう」と、自発的な欲求に基づく行動をさすとのこと。


大事なのは、
待っていても大抵望むものは手に入らない事実。
動いてこそ見えるものが確かにある事実。


私はよく言えば慎重派。
動く前によく考えるタイプ。

そこにあるリスクとリターンのバランスを計ろうとするし、
リスクを減らす手段を考える。

これはまぁまぁいいらしいw
やりすぎないことが大事だという。
(ビジネス社会では即断即決が求められる場合が多いのも事実)

しかし、完全にリスクを取り除くこと・取り除ける状況はそうそうないのも、これまた確かな事実であることを知っておくべきだ。



タイミングが…
メンバーが…
時間が…


なーんて言っていても、物事は前には進まない。
「やるべき」と思ったときが適切なタイミングであることが多い。


旬は一瞬
人生は一度きり

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。