未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

夏の思い出in2007

初めてちゃんと有給を取得し、短い夏休みにして三重は鈴鹿へ〓

理由は【鈴鹿8耐〓】
大学からの友と観戦〓

社会人を一年経験して解った事のひとつに、社会人に夏も夏休みもない〓って事だった〓

沢尻えりかよろしく『夏休みがなければやってらんない』〓

昨年は海にも山にもフェスにも祭にも行かなかった・行けなかった〓〓〓

そんな夏は嫌いだ。
今年は山にも8耐にも行った。後は祭と海だな〓

8耐は、計8時間ライダーも観客も夏の暑さに負けず楽しむ祭だった。
俺も背中を真っ赤にして観戦したよ。

目の前を疾走したりクラッシュしたりするバイクバイクバイク…
右に左にバイクを倒し、最速270キロも出しながらホームストレートを突っ走る

徐々にバイクは減っていき、8時間たつ頃には夏の暑さも引いた頃だった。

今年優勝したのはモリワキでHondaの11連覇を防いでの勝利〓秋吉さんテラカッコ良い〓

こんなんみると、大型免許とバイクが欲しくなる私なのでした〓
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

3連休 富士登山 ~くだり~

あぁもうあの日がはるか昔のようだ...
もういちど登りたい。 ギミアチャンス(・∀・)




セイ下り編。
山頂は霧がかっていて
全然景色とかは楽しめなかった。午前中だと霧がないらしいので、やはりベストの登山プランとしては、
「夜登山開始、山小屋で一泊、山頂で御来光」
をベストソリューションとさせていただきたい。



んで、山頂で特にすることもないので、写真とって一休みして下山。
ちなみに登山中の写真は、hさんがmixiにUPしているので、そちらをみられたし。僕は個人情報とか、プライバシーとかの観点から僕の写ってる写真はUPしたくないので、今度景色のみの写真でもUPしますね。



僕らは須走口から登りましたんで、下山時には『砂走り』といなりますw

砂走りってのは、割と急なくだり道があって、そこは土質が砂になってるんで(割とでかい石はある)、バババーーと下りおりることっす。

小学生の時、「とまれないー」とかなったあんな感じ。
これが結構ハードで、時間的には相当早く下れるんですが、足全体に負荷がかかりまくる。このときほど登山用ブーツを購入した自分を誉めたいと思った。


隣ではスケシューでばんばん登る先輩がいて、何か損した気分でしたが、下る時はマジ快適。砂も入らんしね、ハイカットだから。



くだりは軽く3時間くらいで走り降りて終了。
最後の最後は感極まるものがあったなぁ。。。


『俺は日本一の山に登って、そして降りてきたんだ』


って感じ。






総感としては、やっぱ登ってみる価値はあると思う。

誰かに「ふじやまってどんなだい?」って聞かれたとき僕は、
「遠くから見ると、冬なんかは頂上付近の白と裾野付近のネイビーのコントラストが美しく、いざ登ると日本一の山なだけあって、登るのは結構大変なんだ。溶岩の固まった地面や岩がそこら中にあって、遠くからの美しさだけでなく、自然のもつ厳しさも併せ持ってる。そして、登った先から見た景色は口ではいえないほど美しい。太陽は赤く、雲は銀に、木々は碧に輝き、岩肌は茶色に輝くんだぜ?」


って言えるから。









ちなみに、御来光は5合目で、輝く木々は6合目までの道で、銀色の雲は6合目で、赤茶の大地は7合目以降でみました。
頂上の景色は一面の霧で真っ白w

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

memo

パティーナ:ラテン語
経年変化による価値


例えば
革製品の価値
古着のジーンズ




会議の方法案
1、現状のgood point & bad pointを挙げる
2、その解決策を見つける




俺の良い点と悪い点は?
より良くするには?

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

3連休 富士登山 ~登り編3~

給料日イェア!!

親不知抜いたぜオウイェア!!お多福みたいだ...




さ、終に登山編行きますよ。




まず3時にペンションを出発。
今回は須走口から登山とすることになりました。

5合目まで行くと、ちょうど日の出の時間。
カメラッ子とバイカーが続々登場。



ここらで高所に体を慣らすためにも、日が出るまで待機。
つーかさみい!!
5合目でも2000mですからね。平地よりもかなり気温が低いのです。



朝日はめっちゃ綺麗だったけれど、人生観は変わらない。
そこから準備していざ登山!!


の前に、5合目の山小屋のおっちゃんに声をかけられる。
そこで温かいお茶を頂き、登山用の金剛棒を購入。紫の鈴をつけてもらった。どこまでも俺らしいなw



さぁいざ登山!!



最初は原生林の中を登る。
結構自然の道で、一応道らしきものがあるって程度で、今までのハイキングや登山との違いを感じ始める。
まだ余裕。頂上は曇ってて見えない。



しばらくそのまま登ると、徐々に木の高さが低くなってくるのがわかる。最初は森!!って感じだったけど、木立くらいになってくる。視界も少しずつ晴れてくる。



ここで僕の最高の景色を目にする(早いな)。
雲海+朝日
朝日が雲に反射して、一面が銀色に輝いていた。
この写真は先輩が取ってくれているので、後日GETして飾ろうと決めている。



この辺で誰かがくじけ始める。
でも僕はよゆー!!





さらにどんどんのぼっていくと、もう木がなくなって、草っぽいのとか、もうそもそも草がなくなってくる。


この頃には、地面も変わってきていて、土→土砂→砂利(溶岩)みたいになって、進むたびにじゃりじゃり言う感じ。



のぼりは砂利のほうが登りにくい。
俺は一応ボーイスカウト経験者なので、登山テクニックを幾つか知っているんだけど、それを地味に隠してて、いざ披露したら皆に責められた。なぜだ。


ちなにみ、道がある程度広ければジグザグに登ると楽。
直線的に登るときはがに股で登って、なるべく足を上に運ぶイメージで登るとよい(普通は後ろ足で地面をけって歩いている)




んで、結構もう弱音を吐き始める人がいる中で、まだ6合目につかない。これがつらいね。ゴールが見えないんだもの。



やっと山小屋をみつけて登りきると6合目。ここでホット一息入れて、写真をパチリ☆
他にも何名かの登山客がいて、そのうちこの人たちと仲良くなる。特に5歳のお子様を連れた家族とはお菓子の交換をするくらいにwこんな出会いも俺が求めてるものだな。まさか富士山で得ようとは!!



気力を補充してさらに登り始めるとまた小屋が見える。
イェア7合目?ノンノン『本6合目』wなんじゃそりゃ!!

疲れがどっと来た瞬間だったw


7合目から8合目までは本当に砂利(溶岩)をひたすら登るって感じで、歩きにくくて仕方なかった。疲れないけど。
この辺でなぜかへばってた人が復活。何があったのか?
また別の人がへばる。先頭を歩かせたのがいけなかったのかしら??


8合目過ぎからもう登山と言うか、歩きやすい岩山を上る感じになる。このとき僕は絶えがたい尿意のため、他3名を振り切って9合目まで行くことに。


鳥居を越えて登ったその先には、あれ?
頂上??


なぜか1人先んじて登頂完了!!!
頂上は霧の為に視界0!

売店の兄ちゃんと絡みつつ、尿して3人を待つと意外と早くいらしゃいまして、お約束の「ビクトリー!!」




きっと登頂した時に晴れてたら人生観変わるかも知れんけど、変わったものといえば、

富士登山大変→富士登山楽勝!




日本一は意外と楽勝でした☆





今日はさらっと登山を書きました。
気が向いたらもっと詳しく書こう。




とにかく富士登頂が完了したので、後は
京都・奈良
屋久島
白神山地
北海道
ですね。その後は海外にバビューン!!予定です。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

3連休 富士登山 ~登り編2~

昨日の「あぁこんな時間」は12時くらいでした。




そんな昨日の続き。






昨日買い物に行ったところまでは書きました。

さて、日曜日。ホントだったら登山の日。
雨がホントに土砂降りの中山梨へ。
着くと、5合目までの道が封鎖orz

まぁ雨の中登山するつもりはなかったので、観光へ。

風穴氷穴
http://www.fujikyu.co.jp/cave/

こうもり穴
http://www.mfi.or.jp/lakevila/framepage/mainframe/spotpg/spotcontent/20komori.html


そっからペンションへ
http://www2.ocn.ne.jp/~w.stock/



洞窟は気温0℃ (-Д-)サムイネェ
雨が降ってたから雨漏りしてて、濡れて、寒い。
息も白い。

んで、かなり天井?穴?が低い。
こうもり穴ではこうもりは保護されているらしく見れませんでした。


どっかから来てた大学生がきゃーきゃーゆうててブチ切れそうでした。


観光地には明らかに僕らと同じように、富士登山をしにきたけれど、できなくて観光してる人が...




最後に泊ったペンションは、ペンション村と言われるところで、ペンションがたくさんあった。写真はないけれど、今度もこういうところに泊ろうかと思うくらいだった。

ぜひ!!


晩御飯の際に作戦会議を開催し、翌日は登山可能なこと、登山口を決めて、登山することに決定!!




21時には翌日登山の為に就寝しました。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

3連休 富士登山 ~登り編1~

イエー!!関東ACTENNIS



の4人で富士登山。

予定では土曜買い物(準備)、日曜登山、月曜観光の予定が、ここでも雨男っぷりを遺憾なく発揮し、台風直撃

Σ(゚Д゚)ガーン


ので、メンバーによるすばやい計画によって土曜買い物(念のため)、日曜観光、月曜登山と変更になった。




なぜか僕を介して事前連絡が行き交い、僕のところには全ての情報が収集されていましたが、言い知れぬ不安が常に僕を襲っていました。


メンバー:僕、fjさん、Hさん♀、Yちゃん♀

これ面白いことに、年齢的に話を進めると
fjさん=Hさん>僕>Yちゃん
しかし、社会人歴的にいうと
fjさん>僕>Hさん=Yちゃん



僕って偉いw??




まぁそんなこんなで、全員から連絡がきて、全員に連絡するのがなぜか僕になり、仕事は忙しく、台風は来るし、ほんとに大丈夫か!?って感じだったんですよね。





まぁしかしながら、変更したスケジュールどおりに行程を進めることが出来ました。



土曜:
買い物に...
ところが寝坊orz僕が。
先輩を待たせることになり、謝罪の意をこめてコーシーをご馳走しながら作戦会議。結果『登山は無理じゃろww』となる。
が、念のため登山グッツを買いに登山用品の店に行く。

http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=l_00000270
僕:ブーツ、バックカバー、靴下、ウェア
購入。約20000ナリ。


準備は一応万端に...





あぁこんな時間になったので、続きは次回に。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

へま

近況報告で書きましたが、
初担当案件がほぼほぼ終わり、第2案件をやってます。


こやつも中々の大規模案件だったのです。
しばらくへまともおさらばしていた僕も、この案件と共に再現場投入となり申した。そして、現場復帰と共にへまも...

あげく、ドキュメンテーションでもケアレスミスをする始末。




初案件なら許された。(正しくはまだ許して頂いているorz
「始めてだもん」と自分にも言い訳できた
けどもう出来ない!!



真剣に『今後同じミスをしないためには何をすべきか?』を考える時がきたようだ!!


今、もう一度、1年間のまる秘ノートとまる秘ブログをおさらいすることとする!!

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

近況

ちとまったり更新する余裕の無い僕なので、電車の中からお送りします。

絵文字は使えるんかいな〓

最近のこと
・新しい案件が本格化
→伴って怒られる頻度増
・テニス関係雑務が増える
→伴って案件以外で仕事が増える
・今週末富士山付近へ
→夢叶う、海外への道が開ける
→あと世界遺産を見て回ればおーけー
・プライベートでハッピーに
→楽しみがなくちゃね〓

こんなくだらないことを書くためにブログ書き始めたわけじゃあなかった〓

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タイトルなし

テス

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ガガガっと

ガガガっていい響きだよね。


いやー、こんな音が僕の口内からするなんて...



親不知抜いてきました。
人生初の手術的なもんだなぁ。。。

って行く前に考えてたら、3時間半もやってましたよ!
途中何度も麻酔足したりしながら3時間半!!


なんか骨に癒着してたらしく、かなり大変だったよorz





実は再来週にもう一本抜くことに。
あー憂鬱。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。