未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

誕生日 20090323


祝25歳


>でだし



本日で25歳を迎えました。
数々の方々に支えられ、育まれた25年でした。

これからも精いっぱい、僕らしく生きていきます。(宣言)




やっぱり大事な記念日なので、記録しておきます。
サンキューマイフレンズ
サンキューマイファミリー
サンキューエブリワン
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

髪型と僕の初恋に関して 20090321

同期に突然、「髪伸びたねー、エロイから?」といわれてしまった。
こいつとは入社前からの付き合いで、最近は特に仲良くしている。
つまり、俺は奴のことを良く知っている。

ハッキリ言おう、奴は俺と変わらない位エロイ、つーか俺よりエロイだろがぁ!!


これでまたひと巷の噂を撃破してやった。
今日も真実に向けて突っ走ります!!


>長い出だし


どうも、僕は真実のハンターです。
まったくのっけから熱く書いてしまったぜ。


出だしとは全く関係ないことを記録したくて書き出したのにあの野郎。。。


いや、しかし、この「でだし流」は本当に便利ですね。
ハッキリ言って、でだしと本文関係なくてOKだもん。
便利便利、これからも続けていくぞ。

さて、今回の本論は以下です。先ず見てくれ。
http://letter.hanihoh.com/r/?k=090319787349c1aab196132


これ、初恋の人からの手紙を作ってくれるというジェネレーター(?)です。
最近は何でもかんでもジェネレーターになって、手軽になったんだけど面白いものは
早々なかったです。

有名どころだと、脳内シュミレーターとかでしたかね。

久々にHitしたので、ご紹介します。
みなさんもどうぞ。



| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

オロナインパックをやってみた 20090312

オロナインパックをやってみたよ


ちなみに僕のスペックを記載します。

25歳

肌質は普通(オイリー肌でも乾燥肌でもない)
お肌のお手入れは特にしていない



うーん、おれは普通くらいしか取れなかったです。
みなさんおためしあれ。
結果オシエテクレ。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

結婚するリスク・しないリスク 20090309

人事系研修1日目
けっこう楽しい

>でだし


どもども、今月で25になるSEです。どうも。
今一番仲の良い先輩が先月29になりました。

それもあって、掲題の件について考えました。
というか週刊誌がそういう特集をしていたから考えてみた。



しかも超要約する。
以下主に金銭面。

結婚するメリット:
金銭面では有利
 -貯蓄
 -収入
 -税制優遇
 などなど。。。

結婚しないメリット:
 -月々のお小遣いが多い

結婚するデメリット:
 -小遣いが少ない

結婚しないデメリット:
 -晩年の生活費がでかい(在宅<ケアセンター)



ぱーっと読んだ感じだと、結婚する方が総合的に見てメリットでかい!
ただ、これには結婚する人自身・相手のリスクは含まれていないので悪しからず。


ちなみに、家を買うか借りるかは厳密にどちらがいいか結論が出ていないとのこと。
まぁ特に関東の場合場所によって全然違うだろうね。



さらに余談。
日本人は死ぬまで老後の心配をして財産を残すとのこと。
イタリア人は死ぬ時にはほとんど財産を使い切るとのこと。
僕は後者を目指します!


| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

自分のカラー

http://www.colourism.com/index.php


原理や理論はわからんが、個人のカラーを教えてくれるらしい。
漢字名で調べたら大好きなパープルが出てきたから紹介してやる。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

システム開発を断れる理由の視点 20090305

・金額
合わなければ断るしかない
・対投資効果
効果がないものに投資させるのはフェアじゃない
・規模
対投資効果につながるが、大企業・巨大チームは小規模案件にコストの面から見合わないことが多い
・技術
対投資効果につながるが、無用に高機能にする必要もない、フェアじゃない
先進技術も信頼性が低ければ使えない・オススメできない
・体制
人員不足では対応不可
・期間
時間は有限で人は操作できない
案件規模とのバランスが大事


上記に+して、【できない理由】を示す必要がある。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

「自己信頼」 20090305

自己信頼(Self-Reliance)。
自分の考えを徹底的に信じて、付和雷同せず、自己をよりどころとして生きろ、
というのだ。

さらに、社会が規定する「善」や「良識」といった名目に惑わされるな、と説く。それがほんとうに「善」かどうかを【自分で】探求し、内なる声に従えという。善や悪は単なる呼び
名にすぎず、簡単に他の言葉と置き換えられる。正しいものは、自分の性質に即したものだけであり、悪いものは自分の性質に反したものだと断定する

過去の自分の行動に縛られ、今の自分の自由な立場を放棄するのは愚の骨頂だと。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ワーク・ライフ・ラブ・バランス と言う考え方

※書きかけの記事が消えた
※これからメーラー上で記事を書くのは辞めよう

転職活動のせいで、会いたい奴にも会えんぞチクショウ


>でだし


最近ワーク・ライフ・バランスという言葉を良く聞くようになったけれど、
僕は”ワーク・ライフ・ラブ・バランス”を提案したい。

そもそもの”ライフ”の中に組み込まれていた”ラブ"を切り出した形だ。
というのも、僕にとっては以下の認識だからだ。

ワーク:仕事の時間
ライフ:個人の時間
ラブ:特定の誰か(恋人・家族)との時間


僕の中では、ライフとラブは相容れない。
ツレと遊んでいる時間はloverとは遊べない。



そもそものワーク・ライフバランスという、”ライフ”と”ワーク”という
相容れない二つを分離し、それらのバランスを図ることで生活を向上させよう
という考え方・視点はすばらしいと思うし、面白いとも思えていた。

が、25歳独身の僕には家族がいないわけで、その点で少し違和感を覚えていた。
上述の通り僕にとっては”ライフ”と”ワーク”が相容れないように、”ラブ”と
”ライフ”もまた相容れないのだった。


ではこれらの3つの視点から、僕がどう考えているかを整理してみよう。
※整理し、再認識することが大事だと思っている
※認識からアクションに移すことが更に大事


ワーク:
会社によって、最低就労時間が定まっているので、これ以上は減らしようがない。
減らすなら残業時間だ。目標0残業というわけ。
そのために仕事術の本を読みふけって実践しているわけです。
直近は、0残業デーを設定し、提示奪取を図っています。(といっても転職活動に使われるorz)

ライフ:
せめて月1で友人と顔をあわせてみたいですね。
これからは温かくなるし、キャンプとかどうでしょうか?
最近はもっぱら雪山に土日を使っているので、雪解けのタイミングで幅を広げたいところです。
※今は今で満足度高い
長期的には、ワーク→ライフへ時間を移すのが目標ですね。

ラブ:
根本的なところから自分を見直す時期かと思います。
しかしながら、基本方針は変わらず、僕がhappyになれるかどうか?を軸として今後もアクション
すべきなのでしょうね。。。



以上私のワーク・ライフ・ラブバランスでした。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

異論の抑え方

先日豆乳鍋を自作したが、全然おいしくなかった。
かつ、シメにも向いていないことが予想されたので、最後はお茶漬けで締める始末。
もう豆乳鍋は自作しないぞ。

>でだし


現社会人は当然感じていると思われますが、社会人の仕事の半分は"会議関連"じゃないか?
って言うくらい会議が多い。

チーム定例から始まって、技術定例などなど。
プロジェクトが始まればプロジェクト内部定例・外部定例まで。

会議がある以上、何かしらの資料作成が求められたりするわけで、その準備に会議時間以上の
時間が毎回割かれることになるわけである。

おそらく4月に入社される新人諸君は、社会人の会議の多さにびっくりするだろう。
会議によって分断される我々の時間は、おそらく作業効率を下げる。
この非効率ぶりに、「あぁ、やっぱり日本って先進国で一番作業効率悪いんだよね」と再認識され
るかもしれない。(一番かどうかは知らんけど)



そん中で、色々会議に関する本も出ていますよね。
「質問会議」とか?
結局なんだかんだ行ったところで、日本で仕事する以上会議は避けられないし、会議で自分の意見を
通さないと何も出来ない現実に直面するわけです。


そこで僕なりに会議を上手くコントロールする方法を考えましたよ、と言う内容。
そして今までの長文は前フリです。(長い!!




で、結局のところ、会議で自分の意見を通す為には、必ず出てくる異論を排除するのが一番手っ取り早い
と僕は考えるわけですが、この方法がちょっと難しい。

最終的には力押しになる。

と僕は考えているが、この"力"はどこから来るのだろうか?
・日々の仕事から得られる信頼?
・絶え間ない技術研鑽による知識?
・日々発生するトラブル対応から得たオーラ?
・会社内の絶対的地位?
どれもこれも一丁一旦では得にくいものばかりだ。

その中で今すぐ自分でも出来そうなのは、
・真理の追究
でした。とりあえず正しいことを言えばOK!

会議では裏技的な話をすることもありますが、王道を進むことである程度の異論は抑えることが可能です。
かつ、出席者が気にしているのは、”正しいかどうか?” = ”王道かどうか?”だと最近感じます。


前半部分のスキルは徐々に身につけるとして、直近は何が正しいのか?を勉強する日々になりそうです。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。