未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

3連休 富士登山 ~くだり~

あぁもうあの日がはるか昔のようだ...
もういちど登りたい。 ギミアチャンス(・∀・)




セイ下り編。
山頂は霧がかっていて
全然景色とかは楽しめなかった。午前中だと霧がないらしいので、やはりベストの登山プランとしては、
「夜登山開始、山小屋で一泊、山頂で御来光」
をベストソリューションとさせていただきたい。



んで、山頂で特にすることもないので、写真とって一休みして下山。
ちなみに登山中の写真は、hさんがmixiにUPしているので、そちらをみられたし。僕は個人情報とか、プライバシーとかの観点から僕の写ってる写真はUPしたくないので、今度景色のみの写真でもUPしますね。



僕らは須走口から登りましたんで、下山時には『砂走り』といなりますw

砂走りってのは、割と急なくだり道があって、そこは土質が砂になってるんで(割とでかい石はある)、バババーーと下りおりることっす。

小学生の時、「とまれないー」とかなったあんな感じ。
これが結構ハードで、時間的には相当早く下れるんですが、足全体に負荷がかかりまくる。このときほど登山用ブーツを購入した自分を誉めたいと思った。


隣ではスケシューでばんばん登る先輩がいて、何か損した気分でしたが、下る時はマジ快適。砂も入らんしね、ハイカットだから。



くだりは軽く3時間くらいで走り降りて終了。
最後の最後は感極まるものがあったなぁ。。。


『俺は日本一の山に登って、そして降りてきたんだ』


って感じ。






総感としては、やっぱ登ってみる価値はあると思う。

誰かに「ふじやまってどんなだい?」って聞かれたとき僕は、
「遠くから見ると、冬なんかは頂上付近の白と裾野付近のネイビーのコントラストが美しく、いざ登ると日本一の山なだけあって、登るのは結構大変なんだ。溶岩の固まった地面や岩がそこら中にあって、遠くからの美しさだけでなく、自然のもつ厳しさも併せ持ってる。そして、登った先から見た景色は口ではいえないほど美しい。太陽は赤く、雲は銀に、木々は碧に輝き、岩肌は茶色に輝くんだぜ?」


って言えるから。









ちなみに、御来光は5合目で、輝く木々は6合目までの道で、銀色の雲は6合目で、赤茶の大地は7合目以降でみました。
頂上の景色は一面の霧で真っ白w
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。