未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

無題




いかん。



いかんなぁ。。。






人ってのは、良いもの・いい時刻・いい想いでに依存しがちだと思う。




僕の、そんな時期ってのは、やっぱり学生時代で、この土日+αで訪れた大学の学祭はそこに僕を引き戻してくれる環境と友人が揃っていた。



感じたことはたくさんありすぎ。
まずみなに軽く感謝。

センクス!!



そして、『○○○○最高だい!!』と叫びたいほどの、感謝と感動。


『馬鹿面子最高だい!!』
『先輩最高だい!!』
『後輩最高だい!!』



戻りてーーー!!





続く。




 追記

つづき




前日から俺は準備万端だった。
約一週間かけて企画した飲み会に、諸事情(大人の事情)で遅れはしたものの、無事にallはせずに引き上げて早々に就寝したんだ。

なんたって、翌日にちょっとしたイベントを控えてたもんでな。
翌日の集合時間は10:30にTOKYO-STATIONだ。
確認のmailもcheck完了。問題ない。認識の齟齬もないようだ。



焦ったぜ。
本当だったらパン屋でbreakfastを取ってる予定が、思いのほか寝過ごしちまった。
しかし大丈夫だ、まだ8:00。時間はまだある。

余裕綽々で準備を済まして部屋を出る。異常はない。異常を示すようなmailも見当たらなかった。




電車もいつもとは違ってすんなり出発だ。
満員電車でもないし、人身事故もなし。異常は、ない。



待ち合わせ場所に到着。
慎重な俺は時間より20分早く着いた。時刻は10:10だ。

「やっぱりな」
いやな電話だ。
電話の主は集合時間に遅れることを告げた。

想定の範囲内 by 略

変な言葉を思い出した。電話の主はこのまま太れば○○エモンとか呼ばれそうだなとか思ったw


あいつが遅れることは想定済み。
出発は11:00になるだろうと最初から見込んでいた。
その間に俺は大好きな読書用の本を物色できるっていう腹だった。

しかしAccidentは突然やってくるよな。
事前の準備は、やはり、Mustだ。

本屋を巡ってみたが、いい本はなかった。
最近は有名な人の体験記とか、また自己啓発系の本を読みたいと感じていた。


ちなみに今読んでいるのは、村上龍の希望のエクソダスだ。
エクソダスってのは旧約聖書の出エジプト記を指すそうだ。
俺がこのConcreteJungleから抜け出せる日は来るのだろうか?


本がないことを確認していると、もう一人のツレから連絡が。

「もう少しで着くわ、どこ行けばいい?」
「あ、もう着いてたww」
↑れんぞく

あわてんぼうさんだなwww
合流後、馬鹿を待つためにカフェへ


どうでもいいがカフェとは、『酒を扱った、珈琲屋』を指すと、話題に上がったが、wiki調べでは、カフェの定義自体が変化しているし、そもそも国によって違うため、結局『どうでも良いや、オサレな人が行くところ→カフェ』と自己完結した。


馬鹿が来たのは11:30になっていた。
財布を無くしたらしい
前日飲みすぎで二日酔いらしい
アホも付け足そう。

本当なら馬鹿アホが全員分のチケットを用意しているはずだったが、それが叶わなかったので、自分で購入して新幹線へ向かう。

段取りが狂ったこともあり、全員ばらばらの席で眠りに着く。
起きた頃にはOKAYAMAか...


どうでもいいが(どうでもいいが、が多すぎるが)、『淡い期待は裏切られ、いやな予感は実現する』とはよく言ったもんだなw



電車内では特に変わったこともなく、無事OKAYAMAに到着。
お迎えには、なつかしの仲間。
あれ?女の子がいる!?
見たことある。
俺のバイト先だったところの生徒じゃん?
つーかうぃむの彼女じゃん?

俺のtensionあがりまくりんぐwwwww

久々だったけど、彼女からは幼さが消え、大人の雰囲気が漂っていた。
彼女にもこれからつらいことが待っているかと思うと同情した。けど忘れたw


ここでMemberのおさらい。

馬鹿アホ→ペータンとする
岡ピー(ペータンに負けないようにかわゆく)
さんそん(お迎えにきてくれた本当にいい人、後にトラブル起こします)
うぃむ(俺の元妻、凝り性)


5人で一路学祭会場へ。


途中ポッキーの日に生まれたちゅーやん(大人)のため、プレゼントを購入しに、ホームセンターナンバへw


戦利品(メンバーまとめ)
・すっごいのこぎり
・バールのようなもの
・おでん専用なべ(ふたつき)

---僕分---
・お絵かきセット(大人用)
・整髪料(大人用)
ほら、来年からSEになるんだし、きっといろいろあって、むしゃくしゃすることもあるだろうと思って...
そんなときには、大人のお絵かきで心を癒してくれ。
確かゴッホのやつで、むつかしすぎて余計いらいらしそうだけどw

整髪料もさ、社会人になったら、TPOとかわきまえなきゃいかんわけやん?
そんなとき、若者用のりんごの匂いがするやつとかいかんと思うわけよ?
やから、銭湯とかにおいてありそうな、イエローの整髪料にしてみました。


あー俺空気読める。けしてKYじゃない。イニシャル逆だけど、KYじゃないな。
僕に比べたら他のやつのプレゼントとかだめっぽいしな、うん。


後日談(当日の夜)
本人『のこぎりとバールとか、普通にうれしいな。使えるしなぁ。ありがとう』
あれ?俺のは?なんで...


プレゼントを購入後、大学へ。
懐かしい。
周りは田んぼと山だし、空は広いし、風邪は強い。
なにより、大学構内の照り返しが強くてたまらんw

もどってきたーって感じがすごくする。

俺のツレ回りの所属するサークルへ行くと、懐かしい面々が。
こやつらは後輩であり後輩じゃない感じだ。

懐かしい。

本日は研究室の飲み会が企画されていたので、研究室へ挨拶へ。
僕のボスに『げんきでっせ』と伝えなきゃいかんしな。


その途中テニス部によってみた。

わーーーーなつか...しい??
もうほとんどわからん面子だったw
誰もわからんwwアハw部外者wwww


仕方なくスルーして研究室へ。
ここでは先生にご挨拶。

あの頃は鬼のように怖かった先生も、自称丸くなったと言われ、
それは遺憾です、と、もっと厳しく行きましょうと伝え、少しだけ仕事の話を。
マシンガントークを炸裂させ、元気アピール。


先生からは

「社会人らしくなったなぁ」

とお褒めの言葉をいただきました。満足。
先生、お体にお気をつけて、これからも後輩を育てていってください。

その後、少しだけテニス部の後輩と絡む。
幸せそうで何より。深くは聞かなくとも、二人の顔見たら安心したよ。仲良くね。


その後、研究室で飲み。
総勢15名近くの面々で飲み会しました。


感想
・ビール飲んだら吐くね、俺
・ビール飲んだら寝るね、俺
・んで、研究室の4年生よくわからん、寝てたもんw


少しだけ早く打ち切って、身内飲みへ合流。吉備線なつかしい。
33eyeへ行くと、そこにはなつかしの面々が!!
いや、久々に集まってるなぁ...

よく見ると、ぺーたんのバイト仲間も合流してるし、なんかすごい面子だ。
僕らが合流した際にはすでにお絵かき大喜利が完了していたらしく、みんなべろんべろん。
後輩らは片付けと、かなりできた後輩だな...

なにがそんなに彼らを動かすのか?なぞである。次回までの宿題にします。


その中でも、ツレの中で社会人になって唯一飯をおごってなかったフッキーと鳥匠へ。
やはり鳥匠の枝豆はうまい!!

ふっきーも就職して、もう学生ではなくなるわけで、こうやって今後飲むことは何回あるんやろうかとか考えていると悲しくなった。


悲しいこと>>楽しいこと
成長の度合い


壁を壊してナンボだよな。it's雑草魂



その後カラオケへ行って少しペータンとからんで帰宅。
さんそん、御嬢申し訳なし。



翌日起き上がって、さんそんの手作りチャーハンを食す。
大学に行って、少々ボランティア。


その後、テニス部の後輩と食事。
たいこ。

安くてうまいとはこのことですな。
一緒に食べたカッポーは昔と変わらないし、イケメン後輩はなんか角が取れて丸くなってたし、ますますいい男だったし、今年俺のわがまま聞いてくれた後輩は、彼女とうまく行ってるそうだし、俺の回りはhappyのようで何よりだった。






そこからが
 ☆HO☆N☆BA☆N☆





そこから毎度ゲストとして参加しているサークルの打ち上げに参加したんだ。

ずっと一気コール!!!
えぇぇぇぇぇぇぇ!!!


無理。うん、むり。


僕に引っかかったWord

SE
関東
東京
部外者
これだけで4一気

他にも僕がいないところで
九州
IT
とかのWordで一気していたらしい...




あのメンバで、あの雰囲気で、あのノリじゃないとできない楽しい飲みだった。
俺は東京で(今の環境で)あの環境を創ることはできないし、これからはあれに戻れないんだ...と強く感じた。

楽しかっただけに強く感じた。



テニス部の飲みでは少しだけ3つ下と絡んだ。4つだっけ?
今の主力メンバとはぜひ一回手合わせしてほしい。
瞳って名前のやつが普通じゃないことを再確認した。(理由は聞くな)



馬鹿やって飲みすぎたせいで、本来絡みたかったやつらと絡めず、申し訳なかったりしたが、何とかこの日は記憶に残せたと思う。
忘れてたまるか。




あわただしい二日間だったが、最後にはシニアでうどん食って、ちょっとバトルして
思い出代わりの、足の血豆(byさんそん)を作った。

東京来る後輩君たちよろしくね。
べーやん
銀河さん
エガ
ウェッティ
待ってるぞ。関東きびっこがw首相は永遠のアイドルペータンでwww



オサレなカフェで取りとめもない話をする4人。
みんな何を感じていたんだろう?

俺は悲しみだったよ。喜びも。






どうして俺だけが離れていかなければならないのか

いつからこうなってしまったのか

永遠ってないのか

次って本当にあるのか

変化しないものは変化するってことだけなのか
俺と君たちとの関係性もかわってしまうのか

俺の悲しみや辛さはどこに吐き出せば良いのか



答えなんか落ちてないんだってこと
自分で探すか作るしかないんだって事




学ぶことは多かった。
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。