未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

テニス理論 考察 泣き笑い



テニス大好きだった。

>でだし



そう、最近テニスが楽しくない。
それに関していつものナガ風呂でいろいろ考えてみたよ。





以前の俺は、誰に何と言われても自分のスタイルを貫くことを大切にしていた。
どう見ても勝つテニスをしない。
個性的なテニス。
フォアとスマッシュ・サーブ命のスピード一発勝負。ずどん




高校大学とこれ一本、我流に我流を重ねてやってきた。
試合の勝ち負けと同時に、スタイルを貫くこと(勝負)の勝ち負けを競ってきた。


だからシコラーとやるのは嫌いだったし、つまらなかった。
※まぁ負けたら悔しいのだけどね





社会人になって、元ジュニアとか、元早慶体育会のすげーつよい人とやれる環境が整った。
これはこれですごく恵まれた環境だったし、社内実業団の方たちもすごく強い。

その中でいろいろと教わって。
スキル + αの部分が大きくて大事なことを再度学んだ。
「お前のフォアは一級品、一発はすごく怖い。でも試合全体でみると怖くない。ミスがあるから」
これを言われた時、正直またか!?と思った。それでも俺に勝てない奴がいるんだよ!!と。
でも、スキルが高い人相手だとまるで通じない。現実を見せつけられた。

現役の若い人に負けるならまだわかる。おっさんにボコボコにやられる。タコとかざら。
「テニス脳が全くない」と言われ続ける。「絶対負けない」と言われた。


それは試合の流れとか、相手の心理とか、セルフコントロールとかそういう事だ。
それは僕のスタイルとはベクトルの違った視点だった。



このころどうしても勝ちを求めていた僕は、この+α部分を磨くことにした。勝つために。
それによって、時にはスタイルを崩しても勝ちにこだわった試合をできるようになったよ。
おほめの言葉も頂いた。

実業団もあと一歩で昇格だった。
でもこのころから少し感覚が変わってきていたんだよね。



今期実業団戦 5戦全敗




愕然とした。正直泣いた。
勝つためにテニスをしたのに、勝てない。
そして気持は少しも晴れない。
前みたいに負けてもすがすがしい試合なんて、はるかかなた。





この状態に、実は1か月以上悩み続けてきた。
ここに一つの答えを見つけた。



やっぱおれのスタイルは一発勝負。

相手が、どこに立っていようと、たとえコースを読まれてもぶっ壊す一発を。
ラケットにかすらせすらしない一発を。
たとえ当てたとしても、返すことのできない一発を。



+αが大事なのは十分学んだ。
こっから原点回帰。らしいプレイができない俺に勝ち(価値)はないと思う。




テニスが楽しくなりそうだ。


スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。