未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

早速買い物へ H&M



今日も派手な彼女、イーネ!!


>でだし




先日の日記に引き続き、ファッションに関して。
先日の日記のラストに

「だれか買い物いこーぜ」

と、書いておきながら今日会社が早く終わった(終わらせた)ので、その足で銀座へ。
ちなみに、勤務地から銀座は徒歩でもいけるくらい近いのです。電車だと10分かからない。



なぜに銀座かといいますと、先日僕のオサレな友人のぺータンが
「銀座行くならH&M行って来いよ、馬鹿な女がわんさと並んでるから」
とおっしゃっていたのを思い出したからです。

さすがぺータン、情報が早い。



ちなみに、僕と同様、ファッションに疎く、ブランドに全然興味がない人のためにwikiからH&Mの情報をのっけておくと、
H&M (エイチアンドエム) は、スウェーデンのアパレルメーカー、ヘネス・アンド・モーリッツ (Hennes & Mauritz) が展開するファッションブランド。低価格かつファッション性の高い服で世界的に人気を集める。
商品の主力は手頃な価格の衣料品であるが、ファッション誌に広告を掲載したり、デザイナーズブランドの店が多く立地するエリアに店舗を構えるなどして、高級指向の顧客もターゲットとしている。

とのこと。


まぁ安くておしゃれな服を作ってますってことだろうね。



しかも調べていると、同じカテゴリとして有名なユニクロも入ってた。
かつまた僕の知らないZARAなるブランドも同じカテゴリにあるとのこと。


ザラ (Zara) は、スペインのガリシア州ラ・コルーニャ県アルテイホに本社を置くアパレルメーカーのインディテックス (Inditex; Industrias de Diseño Textil, S.A.) が展開するファッションブランド。
子供服から婦人服、紳士服まで幅広く展開する。アメリカ・ヨーロッパ・アジアに進出しており、特にヨーロッパでの人気が高い。高いファッション性の割に価格は手頃である。
ザラでは流行と同期しない製品作りをしているため、新商品が2週間、最短でわずか1週間で開発され、全世界の店舗に送られる。
商品1種類あたりの在庫点数を少なくしており、売り切れても補充はされない。




で、銀座に行くとZARAもあったので、ついでに立ち寄ってみた。
以下は感想である。

あと、このときの僕の背景を書いておきます。

性別:♂
年齢:24 社会人3年目
備考:関東に出てきて3年目。その前は岡山で4年間大学生活をおくり、最も青い時代を岡山でのびのびと過ごす。高校までは福岡県の南方で過ごす。ファッションに目覚めたのは高校1年生。
当時から一貫して古着+αの形で服をチョイス。
ブランドやお店にはこだわりは全くないため、好きなブランドやその逆は特になく、そもそもブランド知識がほとんどない。また組み合わせの妙とか小難しいファッションは苦手だし嫌い。
如何に他人と差別性をつけるか?が最重要テーマである。




ZARA:
価格帯は比較的安め。2980~ニット製品などがある。
上記のブランドコンセプト通り、流行とは無縁のラインナップ。
ビジネスカジュアルに使えそうな服がメインで、おそらくオサレおっさんにはベスト。

小物がとてもよかったが、そのほかにはほとんどセンスを感じられない。

男性フロアは1フロアのみで、女性用フロアが3フロア。
女性用フロアの商品は比較的かっこよさげであった。
レディースも着れる僕としては今度時間がある時にこちらも見てみたい。

興味がわいたのはストールだけでした。
購入ナシ。


H&M:
価格帯は安め。
ラインナップは、ビジネス系とニット系とアウター。
こちらも同様に、ビジネスカジュアルには使えそうな服が半分くらい。
カジュアルラインは、一通りあるがそんなに惹かれない。

特筆すべき点としては、アウターが安いものが結構あった。
ライダースジャケットが10kを切っていた。革ではないが、結構お勧めかも。
ほかに、クレイジーカラーのシャツなどが多数(赤・紫など)
パーティー用にはいいかもしれない。

こちらも特にセンスを感じられないので購入ナシ。
同様に男性フロアは1フロアのみで、女性用フロアが3フロア。女性フロアは今回は見ていない。





結果としては残念な結果だったが、どちらの店もかなり繁盛していた。
繁盛といっても、入っている人が多いだけで、レジに並んでいる人はそんなでもなかった。並んではいるんだけどね。




最近は古着屋に行っても心ときめかないので、継続してファッションに触れていくことでセンスを蘇らせたいです。
誰か、服買いに行こう。
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。