未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

お勉強記録


体調が悪い気がする。
関東に来てからというもの、すぐに風邪ひいてまうわ~


>でだし



今日は日々の勉強の結果、2点記録しておこうと思う。

1.喋りすぎることは損
2.物を覚えるには?

上はわりかし会社関係で使えそう。
下は参考的な知恵だね。





1.喋りすぎることは損
物事を理解するには・・・
説得するには・・・
意見を通すには・・・
コミュニケーションのコツは・・・
っていろいろ言われるんですが、上に共通して言えるのは「聞く」ことが大事ってこと。
よく言いますね。

でも、かなり向上心が高い僕でも、自分のしゃべりを録音して、○:●の割合で話して聞いてるか?
ってのは調べたことがないですから、みんなも当然計ったことはないだろう。

以下は一般論・統計学上の参考値ですが、
自分で「喋りすぎかな?」と思う人は。。。 9:1でしゃべっています。
特に意識していない人は。。。 8:2でしゃべっています。
意識して話を聞いている人は。。。 7:3でしゃべっています。
「聞く」スキルを身につけている人は。。。 6:4でしゃべっています。
「聞く」スキルをマスターして、業務上常に使っている人は。。。 3:7で聞いている割合が逆転します。


という具合らしく、「聞く」ってことがどれだけ大変か!?ってことらしいです。
僕はかなり喋り散らかすほうなので、場合によっては10:0なんでしょうね。
どうしても相手をつぶしにかかる時は、相手に話させないほうがいいんだよね。


で、せめて意識して話を聞くようにしましょう。それだけでも一般人は成長します。
また、会議体やセミナーでは必ず発言することを意識すれば自然に話を聞くようになります。
発言は質問でも意見でもOKだそうです。意識してみましょう。

それ以上を目指す人は、東京ではそういうセミナーはよくあるので、聞いてみてください。


そもそも論ですが、なぜに「聞く」のが大事なのか?
その理由の中に、
「聞かないことで相手にプレッシャーを与えてしまう」
「相手に『理解されていない』と思われる」
というまずいことが発生する。
と。言うものがあります。


特に今回の勉強は、「部下との付き合い方」の1つで紹介されていたので、上記のようなポイントは悪く働く場合が多々ありそうです。

聞きつつ相手を不快にしないためには、
「パコ」
をとるのが有効だそうです。

パコってのはパーミッション+コミュニケーションの略らしく、要は発言の許可を取ることです。
「発言していいですか?」
「お聞きしていいですか?」
「すみません」
と、発言する前に一言お断りを入れることです。
お断りを入れることで、相手の心理内に「認可する」状態ができあがりますので、そのあとに続く言葉の受け入れられ方に影響を及ぼすということだそうです。

ちょっと今週末に内部発表があるので、使ってみます。
こうご期待。


2.物を覚えるには?
こっちは簡単なんですが。。。


白熊についてのお話をしました。
半年後にこのお話を一番覚えていたのは?
白熊を思い出すことを禁止されたグループでした。


つまり、禁止された=悪いイメージをつけることが最も記憶に残るんだと。
これはつまり生命維持のために必要な情報として脳が判別するからとかなんとか。


好きな人はみんなバラバラだけど、嫌いな人はみんな共通してて、昔の思い出話とかすると、嫌いなやつの話で盛り上がるアレを思い出したよ。




以上。


追伸:
一言日記を別のところで開始しました。
そのうち公開しますね。



スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。