未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

中間管理職のそのまた下っ端の悩み

社会人3年目ももうすぐ終わり、俗に言う若手から中堅への遷移
の時期にさしかかっている25才SEの悩みを聞いてくれ。


一般的に社会人は以下のステップで仕事を進めていくと思われる。
1.上司から事細かな指示をもらい、その指示通りに仕事を仕上げる
2.上司から大まかな指示をもらい、自分の裁量で仕事を仕上げる
3.責任と権利を上司から引継ぎ、自分の裁量で仕事を仕上げる
4.自分の裁量で部下に対して指示を出し、チームとして仕事を仕上げる

それぞれ俺の認識では
1:新人~2年目前半
2:2年目後半~3年目 ← 今ここ
3:4年目以降(人による)


ステージ2にいる中間管理職のそのまた下っ端としては、
事細かな指示をもらうと、仕事が進めにくくて仕方ない(Yes ステージ1)

まだまだ責任と権利をもらうほど仕事内容や知識が不足(No ステージ3)
の状態で、幅広ーいステージ2で己を磨いているわけである。


ここで最近良くブチ当たる壁がある。
壁は明確に見えている。


ステージ1にいないわけだから、上司(先輩)は事細かにチェックはしてくれない。
認識の違いなどがあると、下手したらその日一日の仕事がすべてパーになるよ
うな状況もままある。

それを防ぐ為に、ステージ2の俺は
「○○のイメージですが認識合ってますか?」
「△△のように進めようと思います」
「締切りはいつまでですか?」
と上司(先輩)との齟齬を解消しようとするわけである。

しかし、上司(先輩)も人なので、時間がたつと考えが変わることもままあるので、
誰も間違っていないし、正しいことをしようとしているのに、手戻りが発生する可能
性というものが、つまりリスクがあって、俺の定時帰りが邪魔される。。。



逆の話。

ステージ3にいないわけだから、例えば提案資料などは上司(先輩)へレビューを
お願いし、承認を得ない限り対外的にアクションを起こすことはできません。

僕みたいなペーペーはそうでもないですが、上司(先輩)はもっともっともっと仕事
ができるので、複数案件を掛け持ちし、打合せから打合せへ飛び回っておられる
のが常です。
# 現在は特別teamに入っている関係で上司(先輩)は特にその傾向あり

そうなると、どうしてもボトルネックが上司(先輩)に集まり、俺の仕事が進まない
ことが多々多々あるんですよね。
とはいっても、パートナーからは【急げ】といわれるわけで、俺の定時帰りが邪魔される。。。



愚痴っくなってきたが、やっぱり人が仕事をしている以上どうしようも無いことが
あるのは仕方ない。
上述のことに関してもメリットもたくさんあって、それを享受しているのも事実。
俺にできることは、なんでもしたいと思い始めている今日この頃。
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。