未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

異論の抑え方

先日豆乳鍋を自作したが、全然おいしくなかった。
かつ、シメにも向いていないことが予想されたので、最後はお茶漬けで締める始末。
もう豆乳鍋は自作しないぞ。

>でだし


現社会人は当然感じていると思われますが、社会人の仕事の半分は"会議関連"じゃないか?
って言うくらい会議が多い。

チーム定例から始まって、技術定例などなど。
プロジェクトが始まればプロジェクト内部定例・外部定例まで。

会議がある以上、何かしらの資料作成が求められたりするわけで、その準備に会議時間以上の
時間が毎回割かれることになるわけである。

おそらく4月に入社される新人諸君は、社会人の会議の多さにびっくりするだろう。
会議によって分断される我々の時間は、おそらく作業効率を下げる。
この非効率ぶりに、「あぁ、やっぱり日本って先進国で一番作業効率悪いんだよね」と再認識され
るかもしれない。(一番かどうかは知らんけど)



そん中で、色々会議に関する本も出ていますよね。
「質問会議」とか?
結局なんだかんだ行ったところで、日本で仕事する以上会議は避けられないし、会議で自分の意見を
通さないと何も出来ない現実に直面するわけです。


そこで僕なりに会議を上手くコントロールする方法を考えましたよ、と言う内容。
そして今までの長文は前フリです。(長い!!




で、結局のところ、会議で自分の意見を通す為には、必ず出てくる異論を排除するのが一番手っ取り早い
と僕は考えるわけですが、この方法がちょっと難しい。

最終的には力押しになる。

と僕は考えているが、この"力"はどこから来るのだろうか?
・日々の仕事から得られる信頼?
・絶え間ない技術研鑽による知識?
・日々発生するトラブル対応から得たオーラ?
・会社内の絶対的地位?
どれもこれも一丁一旦では得にくいものばかりだ。

その中で今すぐ自分でも出来そうなのは、
・真理の追究
でした。とりあえず正しいことを言えばOK!

会議では裏技的な話をすることもありますが、王道を進むことである程度の異論は抑えることが可能です。
かつ、出席者が気にしているのは、”正しいかどうか?” = ”王道かどうか?”だと最近感じます。


前半部分のスキルは徐々に身につけるとして、直近は何が正しいのか?を勉強する日々になりそうです。
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。