未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

想像力の欠如がもらたらす影響に関する考察 20090414


夏に何するか考えよう
この冬くらいActiveに動きたい

>でだし


想像力の欠如によって何が起こりえるのかに関して比較的真面目に考えてみた。

1.精神の安定を失う
もし・・・、きっと・・・、という想像ができない、もしくは稚拙な想像しかできない
のであれば、日々起こる不確定な事象に対する物理的・精神的準備ができない事
に繋がるだろう。
そうなると、安寧の日々は遠いだろう。

2.夢を見れない
自分の成長を想像できないのであれば、自分の可能性の話はできない。
ゆえに夢をもてない。



簡単に書くと上記にまとまると考えた。


日々私は妄想と創造の間の想像をして生きているが、コレができないのであれば
生きるというタスクに対して致命的な影響を与えるのではないかと考える。
※例えばサヴァン症候群では想像力がないゆえに才能と認識されることがある
※ex)超緻密な写生など



では、想像力を鍛えるには何をすればよいのか?
・自分の考えを持ちます
・相手の立場でも考えます
・自分の将来に向き合います
・できれば、向き合って、よりよい将来を考えます
・本を読みます(できればミステリーか
などなど。。。(やり易そうな事と、仕事に役に立つ事を書いてみた)

要は【日々想像する】に尽きるかと。
考える≒想像するに繋がるのでは?

スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。