未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

季節の変わり目ですなぁ

季節も秋(冬?)だし、以前のテンプレはIEだときれいに見えてなかったみたいだから、変更してみました。いかがでしょうか?


さて、今もまだ研修中の身の僕には、週休2日制です。
昨日は疲れがたまっていたのか、11時ごろから眠り始め、本日の14時に目覚めるという奇跡を達成しました。
こんな寝たのは学生のとき以来だ。。。



本当なら鎌倉へ紅葉を見るために行こうと思っていたのですが、こんな時間ではいくこともできないので、南船橋へ行きました。

目的は、そろそろ部屋を整理せねば。。。と思い、家具を見るためにハンズへ行こうと思ったからです。狭い部屋をうまく使うためには機能的な家具が必要と思い、いろいろな雑誌を見ては研究していますが、なかなか決まらずに早5ヶ月。そろそろマジでやらねばと思ったはいいのですが、金があまりにないので、貧乏リフォームの定番で、カラーボックス重ねをやろうと決めましたがこれがナイ!FUCKと口走りながら、ぶらぶらとしていると服屋があるので眺めていると、気がついたら両手に袋を抱えていました。


カラーボックスの4000程度は買えないくせに、MP3プレーヤーの10000は買えないくせに、服の20000はポンと買ってしまう自分が憎いです。


その後映画館があることに気がつき、ついでに見てしまいましたよ「7月24日通りのクリスマス」を。

先日みた「ただ君を愛してる」と一緒に感想を書くので、見たい人は続きをどうぞ。。。



 追記


では「ただ君を愛してる」から。原作は恋愛写真です。「今会いに行きます」を書いた方と同じ方です。


CMを見たのが、見たいと思ったきっかけだったのですが、そのCMは「誠人とキスできるなんて、うれしくてしんじゃいそう」という台詞のもの。
そんな言葉を言われたら、男だったらキスしちゃいますよねw
ヒロイン役の宮崎さんもすばらしくかわいらしく、きれいなので、物語というよりも映像を見に行ったような気がします(俺はいつもそうだけど。。。)

映画の中では、宮崎さんが子供っぽいしずるから、大人のしずるまで演じきっていて、とても良かったと感じたし、玉木さんも原作の誠人をうまく表現していたと思う。


映画を見終わった後、初めて原作を読みたいと感じた作品だったので、すぐに原作を買って読みましたw
原作と映画は少し違っているから、機会があれば原作を読んでみるといいと思う。
ちなみに僕は、原作を読んでいる間中胸が苦しく、今原作を思い出しながら記事を書いている今も、胸の痛みを感じています。それくらい切なくてピュアな物語でした。(俺にピュアって言葉にあわんなぁ)
もう一回見たい映画ですね。


次に「7月24日通りのクリスマス」を。これはまたも一人で見に行ったw


俺を良く知る君たちならもうわかっているだろう。この映画を俺が見に行った理由が。
ハイ!僕の大好きな俳優さんは誰ですか??


そう大沢たかおさんです。ビバ大沢さん。大沢さんになら抱かれたっていい。いや、さすがに無理。


まぁそれくらい好きな俳優さんです。
目的はそれだったんですが、物語の方もなかなかgoodでした。

この世には生まれつき王子様とお姫様が決まっている。自分は一般ピーポーだ。

と考えている中谷さん演じる主人公は、自分の中に王子様ランキングを作って妄想している。これを聞いたとき、僕には学部内の男の子ランキングを作っているという噂の男を思い出して笑ってしまったけど、普通の人には彼ほどではないにしろ、そういうものがあるんじゃないだろうか?

その王子様ランキングを開始直後からダントツ一位で突っ走っている大沢さん演じる男性にお近づきになるために、奮闘していくストーリーだ。

全体的には泣きよりも、笑いの要素が強く、楽しく見ることができた。
さらに、もともと美しい中谷さんが、さえないOL⇒美しいOLに変わっていく様は流石だなぁと感心した。
後半のほうでは、前のさえないOLがどこに行ったのか?思い出せないほどだった。


終始俺は大沢さんに注目していたけれど、全体的にはアンチクリスマスの僕でも「クリスマスの奇跡」があればいいなぁと思う内容だったよ。





以上です。

もしこれらの映画を見たり、原作を読んだ人がいれば感想を聞かせてほしいです。ではではまたいつか。
スポンサーサイト

| comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに

:No.52

私も「恋愛写真」の原作持ってます。
最後がちょっとメルヘンだけど、ちょっと切なくて可愛いお話で、好きです(*^^*)
でもきりりさんがあーいう純愛系見るのってちょっと意外でしたw
| あやっぺ | 2006/11/21 03:28 | URL |

:No.54

失礼な。
私も人並みに甘い思いや苦い思いをしてこうなったのですよ。紆余曲折。

なんつーか、そっちはそういう純愛とかモロみてそうだなw
| きりり | 2006/11/23 21:39 | URL |










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。