未来の自分との約束のため..日々最高の自分への軌跡を綴る!!
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

プレゼンテーションのコツ@社会、及び全て

たまには真面目な話題も書いておかないと、将来の俺が、『社会人になってんのに何やってたんだ』とか思いそうだから...



プレゼンテーション:ある情報を、聴衆に対して発表し伝達すること




理工系大学生ならば必ずやったことがあると思います。
僕の場合はしゃべり+目立ちたがり+目立つ(浮くとも言う)だったので、大学時代からプレゼン役を任されることが何度かありました。


また、社会人になって、新人研修の一環としてプレゼン講習なる物(知識として学んだが、つかえない部分が多かったけど)を受講した経験から、一考してみようかと思います。
ついでにいうと、今日職場の先輩の発表を聞いた。  ←本当の理由w





最初に自分のスタイルを紹介。
僕の学生時代のプレゼンは、なんつーか自分をアピールする場も兼ねていました。つまり、発表内容+自分なりの発表スタイルを貫くことを目的としていました。(まぁ新人研修の時もそうだった)



なので、『きっちり、かっちり」というよりも、『自由闊達』って感じです。

そして、見てて楽しいものにしようと思っていました。質問なんかもしやすいように。発表時は、ゆっくり大きな声で(基本)、聴衆全体を見渡す感じです。

目的は、『伝えること』。




しかし、社会人の発表は、『レスポンス』を得るために発表します。(もちろん全てではない)
例えば、案件受注したい、意見を聞きたい、などです

これが大きな違いじゃないでしょうかね!?



なので、わかりやすく、わからない人(わかってないであろう人)に、(学生よりも)限られた時間の中で、正確に(大事)伝え、目的を達成しなければ時間の無駄、つまりお金の無駄になってしまいます。



また、学生時とは違って、聴衆のキーマンを見つけることも大事です。
先に述べた『案件を受注する』場合、決定権のある人に伝えねばなりません。逆にいえば、その人以外に伝わらなくても良いwくらいの勢いです。



実は『説明する』場合も同じことが言えますから、
>聴衆全体を見渡す感じ
ってのは、間違いじゃないけど、唯一解でもないのです(と思う)。




ここまでがお話で、下は小話。


卒業論文では、僕の兄貴はキーマン(良く質問する人)とマンツーのように発表したそうです。それで、キーマンに理解させて、質疑応答は難無くこなしたそうです。さすが。


僕は、発表前日のAM2:00に発表資料作り直しを指示されたので、もう準備不足でぐだぐた、発表時は空間に対して語りかけました。
あれは史上最低の発表だった...
この場を借りて、一年間ご指導いただいた兄貴、ティーチャ-に謝意を
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに










<




非公開コメント

トラックバックURL
  • リンクリスト● 旧ブログ,
  • ユーザタグ●
  • AD ●
| WRITES |
● きりり2
きりり2
未来の自分用日記を提供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。